こんにちは、「光り」モノ営業のオクです。
韓国 KINTEXで行われた「LED Expo2018」を見学してきました。
350社も出展されている割に、
日本に比べて、企業ブースの「お祭り感」はありませんでした。

自社製品を展示して、商談するというシンプルなスタイルで
ちょっと驚きましたね。

屋内向けのLED照明よりも、街路灯が多かったです。
あと、IoT関連の商品が多く展示されていました、街路灯に防犯カメラ
を取付け一体型にしたり、車のナンバープレートを認識したりする
ものがありました。

とある中国系企業の営業マンに、声掛けられました。
日本の照明器具をOEM生産している企業らしいです・・・
そのノウハウを生かして(そもそも、いいのか疑問)
「ウチでつくりませんか」ということでした。
大手照明会社⇒量販店向け企業⇒量販店直取引
という、流れで既存顧客の得意先に声をかけて・・・
日本の商習慣なんてお構いなしです